人のせいにばかりしていた自分

人はないものねだりをするものとよくいいますよね。

昔の自分がほしいものを今はいらないと投げ出そうとしてしまいます。

そんな時に、私は聞く歌があるんです。

それは湘南乃風の「いつも誰かのせいにしてばかりだった俺」という歌です。

この歌を聞くと、頑張ろうと思えるし、自分で選んだ道なのだから人のせいにしてはいけないと奮い立つことができるんです。

私は大人になっても人のせいにしてしまうことが多い人間だったと思います。

結構人の意見に流されて生きてきたと言った方がいいかもしれません。

けど初めて自分が自分の道を決めて今、私はその生活をしています。

これが間違いかどうかは分かりませんが、自分が正しいと思った道です。

なので頑張らない訳にはいかないと思っています。

そうやって考えることができている自分に、今すこしびっくりしています。

昔はもっと弱い自分だったように感じるからです。

こうやって自分も少しずつ成長しているのだなと実感しています。

来年の自分が今の自分を思い出す時には、「頑張っていたな、自分。」とほめてあげられるように今頑張らなくてはいけません。

何が正しいかは分かりませんが、今の自分を信じていきたいなと思っています。