幼稚園が無事終わりそうなのに新しい壁

娘が通っている幼稚園はみんないい保護者の方ばかりで全くトラブルもなく過ごせてきました。その幼稚園生活がもうすぐ終わるのですが、トラブルのないままだった私に新しい壁が立ちはだかりました。娘がバレエ教室に通い始めたのですが、その保護者の人の態度に違和感を感じるのです。

娘よりもずっと前から習っていて同じ幼稚園に通わせている4人グループがいます。レッスンは1時間ほどでずっと見ていなくても良いのです。ところが、その4人は毎回輪になって話をしています。

もちろんそこには入りずらく離れて見たり他の人と話すことでなんとなく過ごしています。まだ始めてから3カ月ほどなのですが、最近その4人は自分たち仲間意外には挨拶もしない態度になってきました。毎回行くたびにあの4人がいるのか…と思うと憂鬱になってきました。

趣味のことを人に話すと驚かれてしまいます

私はどちらかというと多趣味なほうなのですが、友人や知人に趣味のことを聞かれて話すとほとんどの趣味において意外がられて驚かれてしまうんです。納得されるのは食べ歩きと飲み歩きぐらいでそれ以外は似合わないと言われてしまうんです。美術館巡りやジグソーパズルを作るのが好きなのですが、美術館というタイプじゃないし、ジグソーパズルなんて私には作れるわけがないと言われてしまうんです。

実際には多くのジグソーパズルを作って部屋に飾っているのですが、友達を家に入れない主義なので余計に信じてもらえないんです。友達を家に入れないのは現在は一人暮らしなこともありますが、唯一のプライベートな空間で私が自由に寛げる場所だからそこに他の人を入れたくないからなんです。

ジグソーパズルに関しては買ってからは絵を見ずに1000ピースなら3日ぐらいで作ってしまうのですが、細かな作業が続くので気が短いほうな私には無理だと思われているようです。確かに気が短い部分に関しては否定はできないのですが大人なので我慢しなければいけない時はちゃんと我慢しています。

あとは何でもハッキリ言う性格で意識しているわけではないのですが、言い方がきつく聞こえるようでそのような理由から地道な作業などはできない人だと思われているようです。私に対してどう思うのかはその人次第なのですが、その人が持っているイメージと違うからといって完全否定するのは良くないような気がするので、私はできるだけそうならないように気をつけています。

改めてイメージって難しいと思いましたし私が周囲の人にどんなイメージを持たれているのかを趣味の話を通して知ることができたんです。定着してしまったイメージを変えることは難しいので諦めるしかないかなと最近では思うようになってきたんです。解ってくれる人も少数ではありますがいるのでそれでいいかなと思っています。これから新しく知り合う人には私はどんなイメージを持たれるのだろうと考えると少し楽しいです。

今時の小学校の道徳の授業と懇談会

子供の授業参観に行ってきました。

今回の授業は道徳です。今時の道徳の授業っていったい何をおしえるのか?と楽しみにしていました。

時代は変わっているのですね。私たちが子供の頃とは違いました。綺麗ごとだけではなく社会の真実、現実までも子供に教えるのですね。驚きました。

そして、その上で親はどれほどの愛情と覚悟を持って子供を育てているのかという話を聞いて私、泣きそうでした。

そうですよね。こんな混沌とした時代に、子供を育てるのは大変です。人柄が良くても人から騙されるかもしれない、優しくてもそこに漬け込まれて騙されるかもしれない時代です。いったい子供になにを教えたらいいのか、悩みます。

戦後の「人を見たら泥棒と思え」という教訓は今の時代では「親切な人に出会ったら詐欺師かもしれないと疑え」と変化したと私は思っているのですが。

嫌な時代になりましたね。本当に。

ここまでは本当にいい授業で来て良かったと思っていたのですが、その後の懇談会に参加して驚きました。

なんだかびっくりするほど先生の独演会だったのですが、こういうこともあるのでしょうか?

延々と地域の人と挨拶をかわすことの大切さと子供が夜9時に寝ることの必要性を訴えかけられたのですが、いきなり昭和の時代にタイムスリップしたのかと思いましたよ。

確かに挨拶はした方がいいですし、挨拶をかわすと気持ちがいいですけどね。でも思春期で心が不安定な子もいますし、いきなり良く知らないたまたま道で出会った人の顔をみて挨拶することが難しいことだってあるかもしれないのでは?

なにもいつも挨拶しない子の名前を発表しなくても。子供の心かえって傷つけてしまうのではと心配です。

そして、おっしゃる通り夜は早く寝たほうがいいですけどね。こちらも夜遅くまで起きている子供は将来駄目になるなんて決めつけなくてもいいでしょう。

先生ストレス溜まっているのかしら?

私のようにブログ書いたりして発散するのもいいですよとお勧めしたくなってしまいました。

ゴールデンウィークに気をつけてほしいなと感じたこと

ゴールデンウィークは、確かに一般の人達には、楽しみなイベントですが、イベントを開催している人やデリバリーの人たちによっては、忙しい一週間になりそうな予感がしますね。また、出かける際には、しっかりとした防犯対策を今からしておいたほうが良いかもしれません。最近何かと強盗の事案が報道で多く流れているので、気をつけたほうが良いかもしれませんね。また 羽目を外しすぎも注意してほしいなと思う。羽目を外しすぎて思わぬトラブルに巻き込まれると言ったことは今までに報道ではよく聞く話ですし。

また、事故やトラブルに巻き込まれないようにするために、しっかりとした準備はしておいた方がいい。

特に、海外旅行は、日本と違い、法律や常識が、全く違う国に行くのですから、しっかりと準備と予備知識は入れておくと良いかもしれません。年に何回かそういうトラブルをよく聞きますので、気をつけるようにしましょう。

さて、そんな楽しみなゴールデンウィークに少し残念なニュースを耳にしました。 潮干狩りができなくなりそう というニユースです。その原因は2つあります。天鏡不順による貝の減少とそして、基準値を超える貝の毒が検出されたことです。天候不順についてはしかたがないと思うが、貝の毒が基準値以上の値がでたということに少し気になる。さて・・生態系に何がおきているのかと・・。これも異常気象が起こしたことなのかとふとそんなふうに感じてしまう。