タロット占いの勉強をしてきました♪

占いは【天気予報だったんだよ】という話を聞いて、占いの勉強をしてきました。

占いと一言にいっても、星占い、タロット占いなど、いろいろあるので、今回はタロット占いを。
タロット占いは大アルカナ22枚と小アルカナ56枚から構成されているカードを惹いて読んでいく占いです。それぞれに意味があり、決められた形に並べて占うものです。
恋愛や結婚。金運や健康運などみることができ、イメージよりも遥かに簡単に読むことができました。
書籍を調べるとカードの歴史や意味、並べ方など専門的に書かれているものが販売されているようです。

今回は基本となる1枚引きで、恋愛をみてみました。
出たカードは【死神】あまり、良い意味やイメージはなく、落ち込んでいると、「死神は何かを卒業するときに出てくるカード。恋愛が終わるだけでなく、独身という状態が終わって結婚するかもしれないね」とはげまされました。
「こういうときは、もう一枚ヒントを引くといいよ」と教えてもらったのでひいてみると、「運命の輪」がでました。

運命の輪は、その人次第でどのようにもなるカードらしいので、私が彼とどうしたいのか、はっきりと態度に示す時期だと教えてもらいました。
長く付き合っていると、お互いになぁなぁになってしまいます。そろそろ彼と向き合って話し合う時期なのかなとタロットを通じて感じました。

先生ありがとうございました。がんばります!

庭木を剪定しました

今日はとても涼しかったので庭木の剪定をすることにしました。

ずっとやりたかったのですが毎日暑くてなかなか行動に移せず、今日がチャンスだと思ったのです。

我が家の庭木はシマトネリコという種類でとても丈夫なのですが、その分成長が早く、剪定を怠るとあっという間に大きくなって葉っぱもワサワサと繁ってしまいます。

庭は道路に面しているため、大きくなりすぎるとはみ出して通行人の邪魔になってしまうんですよね。

なので、定期的に剪定をして大きくなりすぎないように管理しています。

シマトネリコは、小さな緑色の葉っぱが風に涼やかに揺れる姿がとても美しい木です。

ですから、枝が重なって密集してしまうとその涼やかさが表現されず良さが半減してしまうのです。

時々遠くから眺めて確認しながら間引くようなイメージで枝を落とし、横に伸びすぎた枝も根本から切って形を整えます。

これからの時期はぐんぐん成長するはずなので、それを見越してかなり隙間が空くように大胆に枝を落としました。

スッキリとしたシマトネリコに満足しつつ切った枝を処分しようとごみ袋に詰めていると、足元には一匹の芋虫が。

どうやら切った枝の葉っぱに付いていたようです。

のんびりしていたら急にバサバサと剪定作業が始まって驚いたことでしょうね。

ましてや地面に落ちてしまうなんてとんでもない災難です。

芋虫は葉っぱを食べてしまうので本当は歓迎できないのですが、まぁ、一匹くらい多目に見ることにしましょうか。

ごみ袋に詰めた枝を一本とり出し、芋虫を掬ってシマトネリコに戻しました。

これにて剪定作業、すべて完了です。