入社して一度も飲み会に参加した事がない。

私の仕事場はかなり遠いです。

車で1時間半かかります。子供も小さく、預けるのも困難な状況を踏まえて忘年会や新年会その他一切の飲み会に誘われる事はありません。

誘い方も無理かもしれないけど、断ってもいいけどと言う前置きで始まります。

私としては参加したいのですが、その様な誘い方をされると断った方がいいのかもしれないと思えてなりません。

結果、2年目ですが一度も参加する事なく過ごしています。

最近では飲み会があるのかどうかも分からなくなりました

もしかしたら、参加させたくないのかもしれません。

そんなネガティブな考えにもなってしまっています。

そんな私に社長の嫁から連絡がきました。新たな事務所の近くの仕事先の方から忘年会に誘われたので、一緒に参加しないと言う内容です。

勿論、頭に無理だと思うけどと言う言葉を添えてあります。

結局は無理だから断る事になるのですが、私も普通に参加したいなとは思います。

主人が夜の仕事なので、それらの飲み会には一度も参加した事がありません。以前の職場はもっと近く、飲み会の場所ももっと近かったので問題ありませんでした。

職場が遠いのは知り合いに会うリスクが少ないメリットはありますが、この様な催しに参加できないので残念です。

片付けのできない主人。要らないものは捨てて、食べ物はさっさと食べてほしい…。

主人が全然片付けができません。私もあまり片付けは得意ではないのですが、この人と暮らしているととっても綺麗好きかのような錯覚が起こるほどです。

主人の実家は賃貸の狭い長屋で、一軒家にずっと憧れがあったそうで結婚した時に家を購入しました。その際、友達の家の自室のような「自分の部屋」に憧れていてどうしても一室欲しいと言われたため、仕方なく部屋を与えたのですが、これがまぁ散々です。物があちこちに散らかり、足の踏み場もないため、主人も全くその部屋にいることがありません。休みの日は常にリビングにいます。これではただの物置部屋です。

ちなみに主人が憧れを抱いた部屋の持ち主がSNSを更新していたのですが、相変わらず綺麗で素敵なお部屋でした。綺麗に片付けができるからこそ成立する素敵なマイルームだということに気が付かなかったのでしょうか?

片付けもできないし、モノを「いつか使うかも」と捨てないから溜まっていく一方なのです。私は割と断捨離が得意な方なので、絶対にこれは要らないだろうという物ばかりあるので見ているだけでウズウズしてしまいます。

新婚旅行先で買ったお菓子類も全く減っていきません。お菓子は思い出に残しておくものではなく、食べて消費するものなのに何を考えているのでしょうか。

食べないと勝手に食べるぞと脅しをかけてみようかと考えています。