どうして!?充電されない充電器

スマホの充電は、寝る前に充電器に差しておいて、朝の支度時に抜いて持って行き、また寝る前に差すようにしています。

けれど、最近朝起きて携帯の充電池の残量を見ると、100パーセントではないことが多々あるようになってきました。

あれ?接触が悪くなってきたのかな?と思い、別の充電器を購入、新品の充電器を差して寝ました。けれど、翌朝も残量が少なく…。

携帯側の問題なのかなー?と思い、充電器の差込口を綺麗にしてみたりもしました。けれど、やはり残量は少なく…。

段々と残量のパーセンテージは減って行き、ついに100パーセントと言う数字を久しく見ない状態にまでなってしまいました。

どうしたものかと思い、ショップに持って行ってみて診断してもらうも、特に問題はなく…。

そこで、軽くネットで調べてみると似たような症例の方がいらっしゃるのを発見。

どうしているのかをもっと調べてみると、「この充電器でなければ、新品を買おうが何しようが認識してくれなくなった」と。

そういう人が使っているのは、大体100円ショップで売っているスマホ充電器が多かったので、私も試しにと購入。

100円ショップの充電器を差して眠りました。そして、翌朝…!充電池が100パーセントだー!!稀にですが、こういうこともあるみたいですね。

今現在も正規品の充電器では、上手く充電されないです。買い替えまでは100円充電器で頑張ります!笑

春一番が吹いた地方があるので春も本番になってきている

一昨日のニュースで、九州、中国、北陸地方の春一番が吹いてと報じていました.春一番が吹いたとなると春も本番になってきたようです。ただ吹いた後また寒くなるようで、まだまだ春本番とはならないようです。春一番の突風が吹くとなると、春先の大風が吹く季節になってきたようです。北陸地方は大雪が降っていたので雪崩の心配があります。また寒くなり大雪が降るとのことですが、その後の雪崩の心配があります。

私の住む地方はまだ春一番は吹いていません。ただ晴の日が続いているため乾燥していますので、大風が吹くと埃っぽくなります。一雨欲しいのですが、来週の火曜日に南岸低気圧が近づくので、関東地方の沿岸部に雨の予報がでています。その予報では、雪になる可能性があるとも言っていました。まだ確定的になっていないので、最新の予報を聞いて下さいと天気予報で言っていました。

来週の火曜日は南岸低気圧が関東地方への接近の状態によっては、内陸部では雨が降らないようになりますが、雨になってほしいです。乾燥が続いているので、風がふくと埃っぽくなります。そのためにも一雨降って乾燥状態が一時でもよいから収まってもらいたいです。また早く暖かくなってくれたならばとも思っています。

好きな事を見つけられるのは幸運です

楽器を演奏できる人が羨ましくて仕方ありません。テレビでピアノを演奏している人を見るのですが、同じ人間とは思えないほど素晴らしい動きですよね。何をしたら、あんなふうに指を動かせるのでしょうか。わたしだったら指がつります。

楽譜を見て、瞬時に判断しているわけですよね。頭で演奏しているわけじゃなく、勝手に指が動いてしまうのでしょう。それだけ練習されたんですよね。わたしも絵や文章なら好きですが、音楽はサッパリです。

だからこそ憧れますね。自分で作詞や作曲もして、さらに演奏して、歌える人もいます。もちろん全員にマルチな才能があるわけではありませんが、どんな才能でも無いよりはマシです。才能が見つからない人も沢山いますからね。

なんらかの特技や趣味を見つけて、しかも仕事に出来ている人は運が良いのでしょう。好きなことが見つからなくて悩んでいる人も多いですから。わたしの親は、子どもがやろうとする事を否定しませんでした。

それが功を奏したのでしょうね。まず挑戦してみないと向き不向きは判断できませんから。たとえ向いていなくても、やる事に意義があるんです。今は出来なくても、1年後には出来るようになっているかも知れませんからね。

久しぶりの家族デー☆葛西臨海水族園

寒い毎日が続いていますね…。やっと今週は暖かくなりそうです。

先週は私と息子が実家に帰っていたので、今週末は久しぶりの家族デーでした。

息子が「おさかなさんみたい!」と言い出したので、葛西臨海水族園に行くことにしました。

初めての葛西臨海水族園、水族館自体も久しぶりだったので、私もとても楽しめました。

少し高台になっている場所が入口で、下りながらまわる仕組みになっています。

中は地域別に世界の海を再現した水槽があったり、海の深さごとにすいそうがあったりして、他の水族館に比べると細かく水槽を分けて展示している印象でした。

この日は深海の生き物の標本を見たり触ったりできるイベントを開催していました。

最近深海生物に興味がある私は、息子よりも夢中で飼育員さんの話を聞いてしまいました。

深海生物は私たちには想像できないような過酷な状況にいるのに、いろんな工夫をして生き残ってるんです。

他の生物が住みにくい事を利用しているんですね。本当に面白い生物だと思います!

この日は葛西臨海水族園を堪能して、本当に楽しい1日でした。

息子も楽しんでくれたみたいで、海の生き物の図鑑を買ってあげたところ、帰宅後も大喜びで読んでいました。