ミニマリストに憧れますが、、、

久しぶりにブックオフに行きました。

本当は予定があったのですが急にその予定が無くなってしまったので、ふらりと寄ることにしました。

久しぶりのブックオフ、なんだか変わった気がしますね。

ちょっとお客さんも少なくなっちゃったような気がします。

寂しいですね。

ブックオフでは実用書関係の所を中心にチェックしました。

すると前から気になっていたブロガーさんの本がありました。

習い事はまずは形から

友人とダイエットのために水泳を始めました。

友人と水泳の一式をそろえいざ、水泳教室へ!

最初の一か月は教室に通って、2か月目からは自由に泳ぐ契約で二人でウキウキでスイミング教室へ行ったら、まずはお年寄りの先輩方からアスリート?と聞かれビックリ。

私たちは、まずは何を始めるにも形からなので来ている水着は競泳用選手が着用している本気水着。そして、私がつけているゴーグルは水泳選手の息子から借りた本気選手のゴーグル。

二人して、体格もシッカリしているのでパッと見たら間違いなく泳げるように見えたそうです。

最初は初心者コースで、水中ジャンプからの練習とクロールの練習をしました。

二回目はクロールのみの練習をし、先生からは毎回泳ぐのは初めてじゃないですよね?と聞かれるては「いや初心者です」と二人して回答。

実際は、友人は現役サーファー。私は小学校時代は水泳で大会に出る程度の二人して軽く泳げる程度だったので、基本的なところから習いたかったのが本心。

二回目で、初心者のAコースは終了してしまい、次回からは初心者のBコースへランクアップ!二人して大喜び。

そんな中、二回目の先生との会話で爆笑したのが、パッとみたらアスリートに見える二人が水中ジャンプの練習していてビックリしました。

との言葉。

見ためはカナリできる二人。しかし、習ってることは初心者の基礎から。形から入ったからこそ、先生や他の方たちとの会話が広がって結果良かったかな。

ゴミ捨てを頼んだら

我が家のマンションは、ゴミ出しが24時間可能です。

専用のゴミ庫があり、鍵を開けて入り置いていけるようになっているからです。

それはとてもありがたいことで、よく小学生の息子にもお願いしてゴミ捨てのお手伝いをしてもらっています。

昨日も、鍵を渡してゴミ捨て行って来てねと頼むと、息子はやる気満々で行ってくれました。

少し帰ってくるのが遅いので、郵便受けでも見ているのかしらと思っていると、玄関のドアが開き、大泣きしていました。

もう七歳の息子はあまり、泣いたりしません。

よっぽど私に怒られた時以外は。

それで、何か大変なことが起きたのかと思って焦りました。

息子に駆け寄ると、足を押さえて泣きじゃくっていました。

怪我したの?と聞くと、うん、という風に首を縦に振りながらまだ泣いてます。

どうやら階段でこけて足のすねをぶつけ、打撲したようでした。

珍しく玄関に座り込んで泣き止まない息子に困惑しながらも、泣かせておこうとリビングに戻ると、今度は次男が大泣きし始めました。

どうしたのかと泣いていた長男までリビングに来ました。

次男は、おやつのボーロを袋から出そうとしたら上手く開けられなかったらしく、テーブルにボーロがたくさんぶちまけられてしまってました。

その大泣きぶりに、長男まで笑ってしまい、次男の泣きのおかげで長男はようやく泣き止んだのでした。