BTS(防弾少年団)のアメリカでの活躍

BTS(防弾少年団)のアルバムがアメリカの権威ある音楽チャート、ビルボードのアルバム・チャートで一位になったことが話題になっている。英語以外の歌がヒットすることはアメリカではほとんどないので大きな話題になっているので、この件を少し考えてみた。

まず、BTSについて私は殆ど知らないのでネットでサーチしてみると、2013年デビュー、その後2014年にはアルバムが世界的にヒット、インターネットの世界では多くのTweet がでていいたという。私自身、年齢50のため若者の流行に無関心だったようだ。笑

数年前のBIGBANGも世界的大流行であったが、従来は世界的な人気歌手といえばビートルズ(イギリス)マイケル・ジャクソン(アメリカ)のように英語圏の歌手に限られていたが、なぜ韓国歌手が世界的に人気なのだろうか?ネットで調べると、先の冬季オリンピックで多くの韓国歌手が歌ったから、ダンスや歌が素晴らしい、などいろいろ書かれている。

私自身はアメリカ在住なので、韓国歌手のアメリカの人気の理由について考えてみたが、2つをあげたい。

1.アメリカ社会の多様化と国際化であり、以前に比べアメリカやイギリス以外の歌手にも関心をもつようになった。また、アジアからの移民が多くアジアの文化に関心が高まっている。

2.インターネットの普及であり、世界中がインターネットで瞬時にコミュニケーションできる時代になりアジアの情報も瞬時に入手できるようになり、韓国歌手もマーケティング、宣伝がしやすい。とくにアメリカ人はほぼ全国民がスマホをもっている。

アメリカ在住のアジア系的な考え方だが、いずれにせよアジア文化の流行は嬉しいがぎりである。