インスタグラムに耐えられる写真

インスタグラムといいますと、おしゃれな写真を投稿して自分の生活がいかにおしゃれかを競うインターネット上の競技ですが、インスタグラムに映える、即ちインスタ映えを狙い過ぎて料理を頼むと写真、自分の部屋も写真、なんか色々写真優先になっちゃって側から見るとえらい事になっている失敗例が多いそうです。

クマと一緒に撮影して襲われるという悲しい例もあります。ある意味身体を張った撮影ですが、生きて帰ってこそだと思いますので、そういうのはよろしくないです。

とはいえ私もインスタグラムではないですが、ブログに良い写真を載せようと花火を頑張って撮影したり、出かけたら撮影したりとやっていましたが、写真に集中するよりも自分の目で見たほうがやっぱり綺麗なので最近はあまり写真を撮っていません。

おしゃれにしようと思ってもなかなか難しいものですし。ただ、最近スマホを買い換えたので容量がかなり増加しましたから、余るのも勿体ないのでちょこちょこ写真を撮影していこうと操作の練習をしています。

思うんですけど、ツイッター映えというのを聞かないんですが、そういうのはどういう写真だと映えるんでしょうか。やっぱり面白写真で大拡散してしまうものこそがツイッター映えなのでしょうか。まあ、私は普通でいいです。