やはり経済的にはありがたいです

私と主人と高校生・中学生の男の子を育てています。子供二人ともスポーツをしており、想像つく通り、食べ盛りで毎日毎食モリモリ食べます。そのせいもあり、あまり気持ちでは出費もかさむしと思い外食は控えようと思っていますが、つい試合の帰り遅くなってしまったし…とか、お祝い事だし…とかで外食をしてしまいます。

外食のメリットといえば、やはり1番に主婦の方なら誰しも思う、上げ膳据え膳で準備も片付けもしなくていいということではないでしょうか。メニューを考え、買い物に行き、うちの場合は大量のおかずにお米。疲れているときや、忙しいときはつい外食に頼ってしまいます。

そして、それがデメリットであり外食となると食べ盛りの子供です。それに加えて主人も食べるほうで。ファミレスでも1万円近くかかることもあります。お祝い事で焼き肉を…というときは、いわゆるチェーン店の焼き肉店でも4人で3万円弱掛かってしまいました。

全国的にも有名な牛丼屋さんでも、4千円ほど。食べ盛りがいるとはいえ、なかなかやはり外食をするのは考えさせられます。手間を考えても、家で作るほうがやはり経済的にはありがたいです。しかし、たまにの外食で出費もありますが、家族みんなが楽しく嬉しそうに食べている姿をみるのも幸せを感じる部分でもあります。

メリットデメリットありますが、適度に外食を楽しむことは家族にとっても大切なことなんじゃないかと私は思います。