ストイックな彼が可愛く見えた時

我が家で飼っている犬は黒い。細身のストイックな体つきで小学生に狼と間違われた経験がある。一応雑種なのだが、お母様は血統証つきのお嬢様だった。マンションの一室で飼われていたらしいのだけれど、ある日飼い主である奥様が気づいたらお腹に赤ちゃんがいたそうである。

そんな理由で、お父さんの素性がわからないのだ。もう一度言うが、我が家の愛犬は黒い。だから、雪が降った時、外で飼われて番犬をやってくれている彼はモノトーンの世界に佇んでいた。積もった雪の上で寝ていて、その上に更に雪が降り積もる。

彼は風邪をひかないらしい。そして、春が来て暖かい風が吹く中で彼は実に気持ちよさげに寝ていた。母の長靴を枕にして。母が言うには揃えて置いてあったハズのゴム長靴が時折り倒れていたので不思議に思っていたとのこと。その現場を見た私たち一家は、ピクリとも動かずに寝ている我が家の愛犬を、そのまま寝かせておいたのだった。

静かに近寄りスマホで写真を撮って。別にうららかな春の午睡から目覚めた愛犬に対し、母のゴム長靴を枕にしていたことを問い詰めるために証拠写真を撮ったわけではない。我が家にもらわれてきたクールな彼がとてもかわいかったからだ。