趣味のことを人に話すと驚かれてしまいます

私はどちらかというと多趣味なほうなのですが、友人や知人に趣味のことを聞かれて話すとほとんどの趣味において意外がられて驚かれてしまうんです。納得されるのは食べ歩きと飲み歩きぐらいでそれ以外は似合わないと言われてしまうんです。美術館巡りやジグソーパズルを作るのが好きなのですが、美術館というタイプじゃないし、ジグソーパズルなんて私には作れるわけがないと言われてしまうんです。

実際には多くのジグソーパズルを作って部屋に飾っているのですが、友達を家に入れない主義なので余計に信じてもらえないんです。友達を家に入れないのは現在は一人暮らしなこともありますが、唯一のプライベートな空間で私が自由に寛げる場所だからそこに他の人を入れたくないからなんです。

ジグソーパズルに関しては買ってからは絵を見ずに1000ピースなら3日ぐらいで作ってしまうのですが、細かな作業が続くので気が短いほうな私には無理だと思われているようです。確かに気が短い部分に関しては否定はできないのですが大人なので我慢しなければいけない時はちゃんと我慢しています。

あとは何でもハッキリ言う性格で意識しているわけではないのですが、言い方がきつく聞こえるようでそのような理由から地道な作業などはできない人だと思われているようです。私に対してどう思うのかはその人次第なのですが、その人が持っているイメージと違うからといって完全否定するのは良くないような気がするので、私はできるだけそうならないように気をつけています。

改めてイメージって難しいと思いましたし私が周囲の人にどんなイメージを持たれているのかを趣味の話を通して知ることができたんです。定着してしまったイメージを変えることは難しいので諦めるしかないかなと最近では思うようになってきたんです。解ってくれる人も少数ではありますがいるのでそれでいいかなと思っています。これから新しく知り合う人には私はどんなイメージを持たれるのだろうと考えると少し楽しいです。